【無農薬は嘘⁉】有機栽培との違いは?野菜を選ぶときの注意点

有機野菜
この記事は約5分で読めます。
悩む人
悩む人

最近有機野菜って人気よね!

でも、有機野菜とほかの野菜では何が違うのかしら??

カピバラ
カピバラ

有機野菜と無農薬野菜はまったく違うんだよ!

スーパーで売られている野菜もいろいろな栽培方法がされているよ!

\この記事で分かること/
  • 有機栽培ってどんな栽培方法?
  • 有機栽培と無農薬栽培の違いってなに?
  • 買って損をしない、有機栽培の野菜は美味しいの?

有機栽培ってなに?

有機栽培とは・・・化学肥料や化学農薬を使用しないこと、遺伝子組み換えでないことを基本として、未来に向けた環境の配慮がなされた農業がおこなわれていることと定義されています。

有機野菜と聞くと、「安全で美味しい野菜」をイメージする人も多いと思います、実際にはそれだけでなく、自然の力を借りた環境にやさしい方法により生産されています。

国で定められた基準(有機JAS規格)を満たさなければ有機栽培(オーガニック)と名乗ることはできません。

土づくりだけでなく生産過程に多くのルールがあり、それを守り、認められて、初めて「有機農産物」と呼ぶことが許されるのです

有機栽培以外にはどんな栽培方法があるの?

有機栽培のほかに、ネットスーパーなどではこんな表記も見かけますね!

  • 無農薬やさい
  • 減農薬やさい(低農薬)
  • 自然農法
  • オーガニック

農薬の使用度や作り方に関しての表記なのですが、詳しくわかりずらいですよね。

オーガニックと有機栽培、無農薬はどう違うのでしょうか?

機関の認定認定機関農薬の使用
有機栽培必要有機JAS規格化学合成のみ不使用
特別栽培農産物必要地域農産関係者地域平均より半分減
減農薬栽培なしなし不明
自然農法なしなし基本的には一切不使用
無農薬野菜なしなし不明

有機栽培とオーガニックはまったく同じものだとわかりますね。

どちらも農林水産省の定めた有機JAS規格に合格しないと名乗れない名前です。

そのほかの3つは国や地域機関の認定はなく、生産者独自の基準でなられていることがわかります。

無農薬は誤解?

有機栽培では、化学合成でなければ農薬や肥料を使用することができます。それなら、「無農薬のほうが安全なのではないか?」と誤解をしている人が多いようです

しかし、無農薬栽培や低農薬栽培では、生産者独自の基準で成り立ってるわけですから、これでは、どこまで農薬が使われていないのか、わかりませんよね?

無農薬だから、「0でしょ」と思った人は、無農薬の罠にはまっています。

栽培期間に使用していないだけで、土には残っている可能性だってありますし、ほかの畑から飛散してくる可能性もあります。

そこで、現在では誤解を招かないように、「無農薬」「低農薬」「減農薬」等の表記を原則として禁止しています。

自然に任せて育てる農法

そのほかには、あまり見かけませんが自然農法という栽培方法があります。

古くは80年前からある考え方だそうで「奇跡のリンゴ」という映画で話題になりました。

自然農法とは

無農薬、無肥料はもちろん、除草や畑を耕すことまでせずに、野菜本来の力のみで育てる方法です。

実際には、明確な定義があるわけではないので、生産者によって少しずつ違いがあるようで、生産者の考え方の違いで栽培方法が極端に変わることが面白いんです。

いろいろな栽培方法がある中で、共通しているのは自然本来の力を生かした栽培方法という点です

特別栽培農産物とは?

「無農薬」や「低農薬」が原則禁止されている中、唯一認められている表示が「特別栽培農産物」

どんな、表示かというと

定義・・・農産物が生産されている地域の慣行レベルに比べて節減対象農薬(化学肥料や化学農薬)の使用量が50%以下であること

主な認定機関はありませんが、地域の生産者同士で管理責任者を立てて、名前や住所等を野菜に公開したうえで、農薬や肥料の情報も載せることで「特別栽培農産物」と名乗ることができます。

最近よく見かける、顔の見える野菜のような取り組みですね!!

有機野菜は美味しいの?

実際に有機野菜は美味しいともてはやされていますが本当に美味しいのでしょうか?

結論

有機野菜が100%美味しいとは限らない

なぜかというと、有機野菜は、化学農薬や化学肥料を使用しない表示であって、美味しさを保証する表示ではないからです。

有機野菜だからといって美味しさが保証されているわけではありません。

確かに丁寧に育てられた野菜は美味しくなる傾向がありますが、生産者が未熟であったり、成長しきっていないうちに取った野菜は本来の美味しさを発揮しきれていません。

まとめ:美味しい野菜を食べるためには?

美味しい野菜を食べるためにはどのようにしたらよいのでしょうか?

ポイントは2つ

  • 信頼できる野菜の販売を行っている専門のお店に行くこと
  • 顔の見える野菜を買うこと

どちらも信頼に足る、生産者を選ぶということが大切です、自分や家族の健康の要になる野菜です。

悩む人
悩む人

でも、そんな生産者どこで買ったらいいの?

毎日、道の駅に行けるわけでもないし…

カピバラ
カピバラ

そんな人には、食材宅配サービスがおすすめだよ!

家にいながら、オーガニックの野菜やこだわりの食材を購入することができるよ!

タイトルとURLをコピーしました